WordPressでhtmlサイトマップを作成する方法

この記事の目安時間: 約4分で読めます。

訪問者にとっても検索エンジンにとっても重要なものであるサイトマップですが、一つ一つ手で作るとなると大変な作業であると言えます。

作成したページへのリンクを貼って全てのページへの導線を作るものですが、その操作自体もページを追加するたびに行う必要が出てきますので、その操作自体は時間がかからないかもしれませんが毎回行うことを考えても決して楽な作業ではないでしょう。

ただし、Wordpressの場合にはデータベースを使用していることもありページを追加するたびにサイトマップのページにも新しいページを追加するということは比較的簡単に行えます。

言うは易しですが、phpなどのプログラムの知識が必要なので決して簡単ではありません、当方も無理です。

しかしそこは利用者が多いWordpressです、PSautositemapというプラグインが公開されていますのでそれをインストールすることで簡単に作成することが出来ます。

もちろん一度作成することであとはページを更新するだけで勝手にサイトマップも更新されていきます。

PSAutoSitemapを利用したhtmlサイトマップの作り方

  1. プラグインからPSAutoSitemapを検索する
  2. PSAutoSitemapをインストールして有効化する
  3. 固定ページにショートコードを貼り付ける
  4. リンクを貼って完成

この簡単4ステップです、下記にて順を追って解説していきます。

イメージ 説明
 ps1
  1. WordPressの左側メニューから【プラグイン】の【新規追加】からプラグインのインストール画面へ行く
  2. 「PS Auto Sitemap」を検索します
  3. 「PS Auto Sitemap」の【いますぐインストール】をクリックします。
  4. 「Contact Form 7」を【プラグインを有効化】をクリックします
  ps2
  1. WordPressの左側メニューから【設定】にPSAutoSitemapがあるのでそれをクリックする
 ps3
  1.  PSAutoSitemap設定画面の最下部に左のような利用方法があるので、それの<!– SITEMAP CONTENT REPLACE POINT –>の部分をコピーする
 ps5
  1. WordPressの左側メニューから【固定ページ】の【新規追加】を行う
  2. テキスト入力画面にて先ほどコピーしたショートコードを貼り付ける
 ps3-1
  1. ページタイトルを入力し(ここではサイトマップとしています)【下書きとして保存】を行う
  2. 保存すると一番上のアドレスバーに記載されているpost=○○○の部分の数字部分を覚えておく(数字部分がページidとなりますここでは1633)
 ps4
  1. PSAutoSitemap設定画面の上部に【サイトマップを表示する記事】の部分がありますのでそこに先ほどのページidを入力します
  2. 最下部にて保存します。これで設定は完了です。
  3. 先ほど作成した固定ページを【公開】すれば完成です。

まとめ

動作確認はご自身でお願いいたします。

これで設定は終了ですのであとは記事を更新していくことでサイトマップも自動で更新されていきます。当サイトの右上にサイトマップへのリンクがありますのでご確認ください。

時間のかかるサイトマップ作成もプラグインを使えば簡単に出来ますし初心者でも簡単に利用出来ますので利用することをおすすめします。

コメントは停止中です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ