Pexの利用価値とは|ポイントをまとめて一括管理

この記事の目安時間: 約6分で読めます。

「ポイントまとめサイトならPexを活用しましょう」

Pexというのは広告案件も用意されており、ゲームコンテンツもある、さらには検索で貯めることも出来るし、CMを見ることでもポイントを貯めることが出来るサイトです。

まるでお小遣いサイトじゃないですか。

そうです、Pexというのはポイント系のお小遣いサイトなんです。

しかしながらお小遣いサイトとしての扱いをしているサイトが少ないと思いませんか。

仮にPexの記事があったとしてもどれもポイントを合算できるサイトというような扱いで、たまにゲームなども紹介をしているサイトなんかがあるものの、お小遣いサイトとしての露出が少なく、ポイントまとめサイトとしての簡単な記事ばかりです。

実際当サイト管理人もPexはポイントを集めるためのサイトとして活用しており、広告案件の利用はまったくしませんし、ゲームや他のコンテンツを見ることさえありません。

当サイトの考えとしては決してポイント高還元ではないために利用しないということなのですが、他のサイトでも露出が少ないその理由とは。

Pexは紹介制度を設けていない

Pexはお小遣いサイトでありながらいわゆる友達紹介制度を設けておりません。

つまり他のサイトでの露出が少ないというのは紹介しても恩恵が無いからということです。

ポイントを貯めるためのコンテンツはとにかく多く、ライティングもありますしゲームもある広告案件もある他にもたくさんのコンテンツがあるのに露出が少ないのはそういう理由からなんです。

Pexを利用する価値というのはあるのか

ではなぜPexを知っている人が多かったり登録している人が多いかと言いますと、最初に伝えた通りポイント合算サイトとしての価値が非常に高いからということがあります。

ポイント合算サイトというのはいろんなサイトのポイントを交換して集めて一つの同じ価値のポイントとしましょうというものなんです。

  • お小遣いサイト「A」は現金への最低換金額が1000円以上、手数料が必要
  • お小遣いサイト「B」は現金への最低換金額が2000円以上、手数料が必要
  • ただしどちらのサイトもPexであれば500円から換金可能しかも手数料無料

それぞれのお小遣いサイトは円に換算すれば価値は同じですが、それぞれのポイントの価値は違いますし、交換額に達しないとポイントを現金に交換することが出来なくなってしまいます。

しかしPexなどのポイント合算サイトへの交換であれば手数料が無料の事が多く、交換可能額も現金より低いことが多いんです。

そんな時ポイント合算サイトへ交換して置けばそこから例えばPexのポイントから現金へ交換するのには手数料を1回で済ませるといったことも可能ですし、いろんなジャンルのポイントを一か所にまとめて管理することが出来るという利点もあります。

Pexへの登録をしておくことで銀行口座を一つもつような形になり、インターネット上のポイントをまとめることが出来るという点がその利用価値と言えます。

Pexの基本情報について

Pexは交換先が現金だけでなく豊富にありますので、自分の利用価値の高いものへ交換出来る点が利点です。

運営会社 株式会社VOYAGE MARKETING
ポイントレート 10pt=1円
有効期限 12か月間ログインが無い
12か月間ポイント交換が無い
上記のどちらかに該当すると失効
最低支払金額 500円
現金化振込手数料 楽天銀行 500pt
ゆうちょ銀行 500pt
みずほ銀行 500pt
ジャパンネット銀行 1000pt
その他銀行 2000pt
住信SBIネット銀行 500pt
電子マネー等他社ポイント 約50種類程度あり

他社ポイントは有名どころで言えばT-pointやWAONポイントなどがありますし、スマホゲームなどで課金アイテムの購入に使えるi-tuneギフトなどもありますのでここではすべて紹介できませんが一度ぜひ確認してみてください

ポイント交換のPexへ

まとめ

Pexはポイント合算サイトとして非常に有用で利用価値の高いお小遣いサイトであると思います。

ポイントを合算するためのサイトなのであまり多くのサイトに登録する必要はなく、多くても2種類あれば事足りるでしょう。

特にPexはお小遣いサイトでの交換先に設定されていることが多いのでいろんなサイトのポイントをまとめるには使い勝手が良いでしょう。

有効期限が1年間ログインしないと失効となりますが、ポイントの交換などで利用していればログインしないというようなことはないでしょう。

登録しておきたいポイント合算サイトです

ポイント交換のPexへ

コメントは停止中です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ