ジャパンネット銀行の口座開設するならポイントハンターがおすすめ

この記事の目安時間: 約5分で読めます。

お小遣いサイトを利用するのにあたって用意したいものとしては、フリーメールアドレスとネット銀行の2種類があります。

フリーメールアドレスは最初に必要であると思いますが、ネット銀行においてはお小遣いサイトへの登録を行ってからの方がおススメです。

それはお小遣いサイトのポイントをゲット出来るから。

ネット銀行をいくつ開設しても良いですが、特におススメなのがほとんどといってよいほどお小遣いサイトの指定銀行になっているジャパンネット銀行です。

ジャパンネット銀行は日本で初のインターネット専業銀行として有名でまさにパイオニアと言ったところです。歴史があるから安心感も違いますのでおススメのネット銀行でしょう。

そんなジャパンネット銀行を開設するのであれば穴場のお小遣いサイトで最も高い還元率を誇る、ポイントハンターがおススメです。

逆に言えばポイントハンターへ登録したもののどの案件を利用しようか迷っている人にもおススメなのがジャパンネット銀行の口座開設であるという事です。

ポイントハンターでジャパンネット銀行を開設する特典

  1. ジャパンネット銀行口座開設で1200pt
  2. さらにクリックポイントへ参加で300pt

ネット上でのサービスを利用するのであればお小遣いサイトの利用は必須であることはこのサイトでもお伝えしている通りです。

そしてどこを経由して利用するのかを考えるとやはりポイント還元率の高いところになると思いますが、ポイントハンターでジャパンネット銀行を開設すると1200pt(1200円)のポイントが貰えます。

これは業界的にも非常に高い還元率を誇る上に、ポイントハンターを利用することでさらにもう一つの特典であるクリックポイントに参加することが出来ます。

1200ptがもらえるということはクリックポイントに参加できる条件を満たすことになりますので、これで一か月間は参加が可能になりまして、最低でも300pt以上を獲得することが出来ます。

これでトータル1500ptがゲットできるということになるわけですね。クリックポイントに関する詳細についてはこちら→ポイントハンターのコンテンツ情報を見る

これは正直お小遣いサイト業界でも最高クラスです、それでいてまだ知らない人が多いのでまさに穴場といったところでしょう。

3大メジャーお小遣いサイトと比較してみる

他のサイトでは特におススメ度の高いいわゆる有名サイトトップ3である、モッピー、げん玉、ゲットマネーですが、当サイトでは利用を推進していません。

それには様々な理由がありますが、その理由の一つに紹介者は稼げるものの個人レベルでの還元が低いということが挙げられます。

ジャパンネット銀行を口座開設することでどの程度の額がゲットできるかを比較してみたいと思います。

  • モッピー:1000円分
  • げん玉:700円分
  • ゲットマネー:200円分
  • ポイントハンター:1500円分

比べてみれば一目瞭然で穴場であるポイントハンターがおススメであるとお分かりかと思います。どのサイトでも実行することは全く同じにですから高い方が良いですよね。

あえてこのような事をする必要もないのかもしれませんが、ポイントハンターの穴場感を出すために比較してみました。貰える金額が大きい方が良いのは当然ですが、それをまだまだ知られていないというポイントハンターの穴場感を感じてもらえると幸いです。

まとめ

ポイントハンターは穴場のお小遣いサイトとしておススメですが、利用登録を行ったものの未だ案件利用が決めかねている方に最初に利用してほしい案件がジャパンネット銀行の口座開設であるということです。

またジャパンネット銀行の口座開設をするのにどこのお小遣いサイトを利用するか迷っている人にはポイントハンターへの利用登録をおススメする次第です。

ポイントハンターはもちろん登録無料ですし、ポイントレートも1pt=1円と分かりやすく、何より高還元です。

さらにポイントハンターのポイント交換受取口座にジャパンネット銀行が指定されていますのでその後の利用も出来ますから、持っておいて損はないでしょう。

ポイントハンターへの登録はこちらからどうぞ↓


関連情報

コメントは停止中です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ