Amazonを利用するならどのお小遣いサイトが良いのか

この記事の目安時間: 約6分で読めます。

「Amazonの買い物でポイント付与案件はお小遣いサイトにはありません」

少し前にお小遣いサイトのポイントバック案件からAmazonは完全に無くなってしまいました。

有料のクレジットカードに付随するポイントバックモールには一部残っているようですが、無料のお小遣いサイト経由ということに限定すれば完全に無くなってしまったということになっています。

ということはお買い物でAmazonを利用する人はお小遣いサイトの活用はあきらめたほうが良いということになるのでしょうか。

答えは否です。

Amazon利用時に利用してほしいお小遣いサイトはあります。

そのサイトとはハピタスです。

Amazon利用時にハピタスを経由する理由

とはいえハピタスと言えど、ポイントバックはありません。

ではなぜハピタス経由での利用を推進するかと申しますと、ハピタスにはランク制度がありますがAmazonを利用することでポイントの付与は無いものの、ランクアップの要因である広告利用回数にカウントされるということがあります。ハピタスのランク制度についてはこちらから→ハピタスのコンテンツ情報へ

つまりどこのお小遣いサイトにもポイント付与案件が無いのであれば、せめてランクアップのための広告利用回数にカウントしてくれるハピタスを利用することで、ハピタスのランクを上げて他のサイトでのショッピングやみんなdeポイントなどを利用したときにゲット出来るポイントのボーナスポイントをゲットするための手助けだけでもしておこうということです。

ハピタスで最高ランクであるゴールド会員になるには

  • 6か月で20回以上の広告利用
  • 6か月で10000ポイント以上の広告利用による獲得

このどちらかがランクアップの条件であり、回数による方に関しては正直難しいのですが、その回数利用にカウントさせることが出来ますので、何もつかないよりもカウントされるだけ良しとしてほしいということですね。

ちなみにランクアップをさせるのであれば下の条件の方がハードルが低いですね、ハピタスのメインコンテンツである「みんなdeポイント」を利用すれば1回か2回程度の活用でゴールド会員になれると思いますのでね。

2014.10.30追記

ハピタスでのAmazonの広告の不具合が復旧したようです。よかったよかった。

ハピタスの詳細ページ外部リンク→『Amazon.co.jp(アマゾン)』の掲載一時中止について

2014.11.28追記

お小遣いサイト初の試み。期間限定ではありますがハピタスでAmazonのポイントバック案件が出現中です。→Amazon利用時のポイントバック案件がついに出現|ハピタス

標準サービスとなることを祈る次第です。

ハピタス経由のAmazon利用時の注意事項

Amazonを利用するときにはいくつかの買い物を一度に行う事があるかもしれませんが、何種類かの買い物をするときはその都度ハピタスの広告リンクからAmazonへ訪問して購入手続きをするようにしてください。これはAmazonに限ったことではありませんが→通帳へ記載されないのを防ぐにはを見る

また、Amazonを利用する際にはハピタスを経由してからカートに商品を入れるようにして下さい。

ハピタス経由前にカートに商品が入っていた場合には通帳記載がされませんので注意しましょう。

余談ですが、このAmazon利用における通帳への記載が無かった場合には「お買い物あんしん保証」の対象になるのでしょうかね、一応ショッピングですし、でもポイント付与対象外だから無理なのか?この制度はあくまでもポイントを保証してくれる制度なので無理なのかな?

無理に通帳未記載を敢えて行い、保証してくれるのかを試すつもりはありませんが、もしそれを実施したという方がいらっしゃいましたらコメント頂けると嬉しいです。

まとめ

  1. Amazon利用時にはポイント還元サイトはない
  2. ハピタス経由で行うことでランクアップ対象の回数にはカウントされる

Amazonを利用するのであればハピタスがおすすめであるということです。

ただしポイントが付かないので今後ポイント付与が可能な無料お小遣いサイトが出現するまではハピタスを利用するのが良いということです。

こればっかりはお小遣いサイトだけの問題ではなくAmazonとの兼ね合いがありますので簡単にはいかないでしょうけれども、どこかのお小遣いサイトに頑張ってほしいと思いますね。

やはり一番初めに出来るようになればパイオニア的な存在として君臨出来ることは間違いないでしょうからね。

現状ではハピタス経由がおすすめです、こちらから登録で30ptが貰えます。↓

日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ