WordPressを使ってサイトを作成する|紹介サイトの作り方

この記事の目安時間: 約6分で読めます。

「サイトを作るならWordpressを使うべし」

独自ドメインを取得しレンタルサーバーを借りたらあとはサイトを作成していくだけですが、実はそれが一番難しいということは誰にでもわかることかもしれません。

正直サイトを運営するのなんで始めてだし、Htmlって何?ってレベルの方もいることでしょうけれども、ブログ型のサイトであればまずは記事を書くことでサイトを作ることが出来るということは以前にお伝えしました。

そしてレンタルサーバーでブログを作って運営していくのであればこのWordpress(ワードプレス)が必須となります。

これはサーバーにインストールして利用するというものでして、無料で利用できるものなんです。

インストールさえしてしまえばあとは文章が書けるのであればすぐにでもコンテンツを作成することが出来ますし、テーマと呼ばれるテンプレートが膨大に用意されていますので、他の人とかぶるといった恐れはほとんどありません。

これからサイトを作成していくのであればWordpressがあればホームページビルダーなどの作成ソフトは必要ありませんので使いながら覚えていくことにしましょう。

なぜWordpressを使ってサイトを作成するのか

ワードプレスというものはCMSと呼ばれるもので、サーバーにあるデータベースを活用してサイトを構築していくものです。

そしてこのワードプレスを使う理由というものはいくつかあります。

  • 知識が無くてもプロ仕様のサイトが出来る
  • デザインなどは膨大なテンプレートから選べる
  • 世界的なソフトなので利用者が多い
  • ワードプレス自体のコストはゼロ
  • 検索エンジンに強いサイトが出来る

テンプレートが豊富な上すべてがプロ仕様のものであり、デザインを気にする必要がありません。

また知識が無くても更新や記事を追加することが出来ます、具体的にはワードプレスの管理画面から全てを行うことが可能で初心者でも直感的に記事の作成が可能になっています。

その管理画面はインターネットが繋がったパソコンがあればどこからでも更新することが可能ですから特殊なソフトや装置が不要ですし、出先からでも簡単に更新編集作業が出来るのも良い点でしょう。

利用者は日本だけでなく全世界にいますので、常に新しい機能がある上に、こんな機能が欲しいなと思ったらすべて中身をいじることなく、プラグインと呼ばれるソフトをインストールすることで対応が出来ることがほとんどです。

もちろんワードプレス自体を利用することに費用は一切かかりません、かかるのはサーバー費用ですからすでに取得済みということになりますね。

検索エンジンに強いのが特徴

ワードプレスというものはその構造自体は非常に難しいもので、html以外にPHPというものを利用して作成されています。正直当方もPHPとか良く分かりません。

しかしこの内部が非常に検索エンジンに好かれる構造となっており、特にGoogleにおいてはその力が大きく作用されるということです。

現在の日本における検索エンジンは95%がGoogle検索によるものですから(yahoo検索もGoogleの検索技術を利用)Googleに強いということは検索エンジンに強いと言えるわけですね。

そのGoogleの検索エンジンの担当者が「Wordpressを利用することはSEO的に非常に良い選択である」と認めていますのでGoogleの好かれる構造であるということです。

検索エンジンからの訪問者は情報を欲しているので次のアクションを起こしてくれやすく、稼ぐチャンスになるということですね。

まとめ

ワードプレスを使うということは検索エンジンに強いサイトを作る土台がすでに出来上がっているということになります。

検索エンジン対策を施す必要が無いのでそれに対する知識も不要ですし、更新さえしていけば良いというものなのでコンテンツ以外に対するデザインなどの時間を大幅にカットすることが出来ます。

一度利用してしまうとその手軽さとは裏腹にしっかりとしたサイトが出来ますので病みつきになってしまいます。

当方はhtmlのサイトも持っていますが、そちらの更新するのがこんなにも大変なのかと考えさせられます。

htmlのサイトをWordpressに移行するというのは大変な作業でして、以前に一度行ったことがありますが時間がかかりすぎたのでもう行いたくないというのが正直なところです。

そんな移転作業をするくらいなら初めからWordpressを利用しているほうが良いのでぜひともこれから利用される方はWordpressでのサイト作成をおすすめする次第です。

更新しやすいという利点は毎日の更新につなげることが出来ますし、そうすることであなたのサイトへのファンが付くことにもなりますのでね。

コメントは停止中です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ