SNSで記事を紹介しましょう

この記事の目安時間: 約4分で読めます。

近年急速に普及しているSNSサービス。

これは誰でも簡単にWEB上で情報を発信できるようになったということであり、そしてそれはかつてブログが普及した頃以上の衝撃で、ブログ以上に知識が無くても誰でも簡単に自分の意見や情報が発信できるようになったということです。

SNSの普及によりリンクを貼って貰える可能性が激増したということでもあります。

Googleなどの検索エンジンで上位に入るためには自然な被リンクの数が重要でありますが、その被リンク自体を簡単に得られる可能性があるということです。(厳密にはSNSのリンク自体が評価されるわけではありませんが。)

このSNSを利用した集客宣伝といったものはサイトを作成してすぐにでも活用することが出来ますし、良質なコンテンツであれば一気に拡散する可能性も秘めています。

サイトを作成した初期というのはどこからもリンクを貼られている状態ではないので、流入口を増やすことが大事であり、その方法として良いのがSNS、とくにtwiiterといった匿名性のあるメディアだと言えます。

例えば高校生たちが学校の休み時間などで見たサイトが面白いと感じてつぶやかれたとしたらそれが一つの流入口となります。

結果見られる可能性が高くなりますので、Twitterを活用していくことはサイト作成初期の良い宣伝方法の一つです。

Twitterのフォロワーを増やしましょう

Twitterでツイートしたとしてもフォロワーがいなければすぐに埋もれてしまいます、良い結果に繋げるためにはまずフォロワーを増やす必要があります。

このフォロワーというのはその質も重要ですが、数が大事でしてフォロワーが多ければ多いほどその権威があるとされています、ひいては数が多ければそれだけで信用性が高くなりフォロワーが増えることにもつながります。

フォロワーを増やす基本

Twitterには相互フォローという文化があり、貴方がフォローすれば相手は自分のアカウントがフォローされればその人がどんな人かを見に行き、宣伝だけを呟くようなアカウントでない限りフォローされることが多いです。

最初の段階ではアカウント名に「相互フォロー」と入った人をフォローしていけば相手がフォローを返してくれますので、それを利用してある程度のフォロワー数を集めましょう。

ある程度のフォロワーが集まってきたら、今度はあなたのサイトのジャンルに近いアカウント名を使用している人をフォローしていきましょう、一定の信用度があるのでフォローされる確率も上がります。

そして自分のサイトの記事コンテンツを作成するたびに自らアップしたということをつぶやいていきましょう、そしてその宣伝だけでなく、もちろん自分の思うことを呟きながらツイートしていきます。

そうすれば自分のサイトジャンルに興味のある人にサイトの情報を知らせることが出来ますし、良いコンテンツであれば拡散されて一気にサイトへのアクセスが爆発する可能性もあります。

Twitterを活用すればサイトの事を早く知って貰える可能性が高い上に爆発力も秘めていますので、サイト作成初期だけでなく常に使い続けることで大きな戦力となるでしょう。

まとめ

Twitterを利用すればサイトの宣伝も出来ますし、そのコンテンツ自体が魅力的であればあるほど拡散される可能性も秘めています。

そしてそれをつぶやく貴方も魅力的なつぶやきをすればさらに見てもらえる可能性が高くなります。

見た人がそれを他の人と共有したいと思わせるようなことが大事ですので、タイトルの付け方でひきつけるといった工夫をして魅力あるコンテンツ作成を心がけましょう。

コメントは停止中です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ