パンダアップデートとペンギンアップデートの概略と影響を受けるサイトとは

この記事の目安時間: 約7分で読めます。

SEOを意識するということはGoogleについて知っておく必要があります。敵を知り己を知ることが大事という孫子の兵法的な。

この場合にはGoogleが敵となるのかは定かではありませんが、Googleについて知っておくことはSEOを意識する上で重要なことであることが間違いありません。

というのも日本でネット検索をするのであれば95%がGoogle検索を利用しているという実態があります。

Googleだけでなく、日本で超有名なyahooも、gooもexciteもlivedoorもすべてGoogleの検索エンジンを利用しているので日本においてのSEOといえばGoogleだけと言っても過言ではありません。

Googleの検索技術(アルゴリズム)というのは日々進化しており、これというものはありませんが基本的には現在あるアルゴリズムに手を加えてより良いものにしていくということがGoogleであるということです。

検索者が欲しがっている情報をいち早く見せるために様々なアルゴリズムがあり、それらを日々アップデートすることで最も良い結果を出そうとしているので、検索で上位に来るということはあなたのページのコンテンツが評価されたということになるわけです。

訪問者にとって良いページを作ることが検索上位に来る最良の方法であり、それを見極めるためのGoogleでは様々なアルゴリズムを組んでいるということです

貴方のページコンテンツの質を判断するパンダアップデート

アルゴリズムの中で大きなウェイトを占めるのがこのパンダアップデートであり、これはあなたのページに価値のあるコンテンツが含まれているかを判断するというものです。

様々な方法を用いて仮に検索上位にこれたとしても、内容の薄いペラペラのページであればすぐにこのパンダアップデートによって検索圏外に飛ばされるといったことになるでしょう。

パンダアップデートに捕捉されないためには、検索者にとって有益な情報を伝えるということが重要であり、低品質なページの例としては・・

  • 他のサイトからページそのままコピーしたコピーコンテンツ
  • 他のサイトとほとんど同じコンテンツ
  • コンテンツが乏しく、広告の占める割合が多い
  • 独自コンテンツが少なくほとんど他のページと内容が同じ

このようなものが挙げられます、つまりユーザーが見にくいサイトであったり広告とコンテンツの違いがはっきりとしていなかったりするサイトなどがあるということです。小手先の手法で広告をクリックさせるような方法ではダメということです

ユーザー目線に立ったサイト作りを心がけているかどうかがポイントです。

パンダアップデートのための対策として、コピーコンテンツは何文字以内にすべきとか、バナー広告は何か所までにするとかそういったことではなくて、とにかくいかに自分のコンテンツがユーザーにとって有益がどうかということを考えて作成するということです。

貴方のページへのリンクの質を判断するペンギンアップデート

Googleの検索アルゴリズムの中にはあなたのページへのリンクがいかに多いかということを判断するものがあります。人気のあるページには多くのリンクが貼られていることでしょうから人気投票という意味合いがあります。

以前の検索順位にはとにかくこのリンクを受けている数がいかに多いかということで上位に来るサイトが多かったのですが、このペンギンアップデートによって大きくその順位に変動がありました。

ペンギンアップデートは被リンクの質を見極めるアルゴリズムであり、とにかく多く貼られれば良かったリンクをから、品質の低いページや関連の無いページからのリンクを評価しないようにするということになりました。

さらにはそういったリンクは特に不自然なリンクにおいてはペナルティを受けるようになり検索圏外へ飛ばされるといったことに変更されました。

  • 関連性のないコンテンツサイトからのリンク
  • 低品質なサイトからのリンク
  • 有料リンク(リンク売買)
  • 不自然なリンク、人工的なリンク
    • リンク集からのリンク
    • 相互リンク
    • サテライトサイトからのリンク

リンクは数さえ集めれば良いのではないということであり、人工的に貼ったリンクは評価されないということです。

つまり自然に貼られたリンクを評価するということに変わり、自然なリンクであれば急激に増えるようなこともないでしょうということですね。

まとめ

Googleの2大アルゴリズムであるパンダアップデートとペンギンアップデートは別々に考えるものでは無いということです。

2つは密接に連動しており、低品質なコンテンツであればパンダに引っかかりますし、そのサイトからリンクされているサイトはペンギンアップデートに捕まってしまうことにもなります。

つまり良いコンテンツを作れば皆に紹介したくなるから自然にリンクを貼られることになりますよねってことです。

Googleでは無数のアルゴリズムによって検索順位を決めていますのでその中の2つではありますが、特にこの2つが導入されたときにこれまでの検索結果から大きく変動しましたので重要な2つとして取り上げられているのですが、他のアルゴリズムもすべては連動していると考えるのが自然なことでしょう。

検索順位を決める方法を知っているのはGoogleだけですし、今後も変わっていく可能性はありますがベースとしては訪問者に良い結果をということですからこれは今後も変わることはないでしょう。

とにかく良いコンテンツを作る事を心がけていればパンダやペンギンが大きく変更されても関係のない安定したサイトを作ることが出来るはずですからね。

コメントは停止中です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ