htmlでの見出しの意味と重要性

この記事の目安時間: 約5分で読めます。

検索エンジンに要点を伝える為に適度に見出しを付ける必要があります。

検索エンジンだけでなく、訪問者の方に見てもらうに当たっては読みやすい文章を心がけることだと思います。

ここでいう「読みやすい文章」は読み手の心に響かせるような文章の事を指すのではなく、ただ単に見た目の読みやすさであるということです。

いくら良い事が書かれていても強弱の無い、いわゆるべた書きであればその魅力がたちまち薄れてしまい、ともすれば一目で読むことをやめる人さえいることでしょう。

見た目の読みやすさという面では句読点もその一つであり『』や記号などを利用して読みやすくすることは自然に行われていることでしょうし、タイトル以外に文章中に見出しを付けていることもあるのはないでしょうか。

ただし、この見出しの部分には訪問者に見せるためだけであればただ単に太字にしたり、色を付けることで読み手に読みやすくすることが出来ますが、検索エンジンにはそれを伝えることが出来ません。ただ「字が太い」「色がついている」としか判断することが出来ないのが検索エンジンです。

ですから見た目だけでなく検索エンジンにも「これが見出しですよ」と伝える必要がありまして、そうすることで要点を伝えやすくなり評価もされやすいといったことがあります。

そういう意味では見出しが必要であり、そのタグというものが<h1>タグというものです。

hタグは1~6まで利用出来ます

hタグは見出しのタグであり、順番に利用することでその重要度が変わってくるものですから、一般的な使い方としては

  • h1タグ・・・大見出し。サイト名やページのタイトルがそのまま利用されることが多い。重要
  • h2タグ・・・中見出し。ページのタイトルに近い内容やそのままタイトルを利用することもある
  • h3~h6タグ・・・小見出し。ページ内の文章中に内容を転換させる場合や例を挙げる場合などに利用

このように使い分けをするのが一般的であり見出しタグを使うことで検索エンジンにも訪問者にも分かりやすく要点を伝えることが出来ます。あくまでも一般的な例ですから自分で工夫して利用されるのが良いでしょう。

ただし、この順番は間違えて利用しないように気を付けて下さい。

h1の後にh4などが来るということは検索エンジンが混乱することになりそのページの内容をうまく伝えることが出来なくなってしまいます。重要だからと言ってh2タグの後にまたh1タグを利用するということも厳禁です。

ただし、タグ自体を何度も利用することは問題ありません。しかしh1タグに関してはあくまでも大見出しという区切りですので、そのページに付き1回までしか利用出来ませんので覚えておきましょう。

ちなみに当サイトでの小見出しには基本h3タグを利用して文章を作成しており、さらにそこから分ける必要がある場合にはh4を使うこともありますがh5以降に関してはほとんど利用することがありませんね。

WordPressで見出しタグを挿入する

Wordpress 見出し

ページを作成するには自分でhタグを入れる必要がありますがWordpressで利用する場合には簡単に利用することが出来ます。

見出しにしたい部分を選択しておいて、上のように見出しを選べばそのhタグが挿入されます。

また、WordPressのテーマに見出しの見た目も変わるようにデザインされていますので自分で見た目を変更する必要はありません。訪問者にとっても分かりやすい見出しとなることでしょう。

まとめ

初めてサイトを作成してとりあえずページを作るという場合にはべた書きでページを作るといったことも少なくありません。

また、ブログなどの普及もありそれでも十分に内容を発信することが出来るので自分でタグを打つことも無く覚える必要もないということがあることでしょう。

見出しを付けていても、訪問者にとっての見出しだけであり文字を弄ることで見易さを出しているというサイトも多く見かけます。

しかしそういったサイトですでに良質なコンテンツが作成してあれば、文章自体は触らずに検索エンジン向けのロボットが読みやすいものにしてやることでそれだけで検索順位が改善されるといったことがあります。100位以下だった順位が一気に20位圏内に上昇した例もあります。

訪問者向けのサイト作りはもちろんですが、このように見出しタグを知っているだけで検索エンジン向けのサイト作りにもなりますからSEO上でも有利に働きますので覚えておくと良いでしょう。

コメントは停止中です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ