画像には説明文を-alt属性に複数キーワードを詰め込まない事-

この記事の目安時間: 約5分で読めます。

SEOで集客するためにはテキストが多い方が良いとされています。

それはテキストが多ければ多いほど、検索でロングテールでの集客が見込めるという事から来ています。

だからと言ってテキストを無駄に増やしていったところでそれはタダのゴミ記事となりますが、テキストが多いほうが良いというのは事実であり、そのためにテキストだらけの記事も見かけることがあります。

ですが、そのページを見てもらうためには見やすい方が良いですし、イラストや画像があったほうが分かりやすいのは言うまでもありません。

「画像よりもテキストを」なんて意味あいのページも見たことがありますが、それもやはりSEOを意識してのことなのかもしれませんが、というのも検索エンジンというのは画像の事をしっかりと認識が出来ないといったことがあります。

現在ではGoogleの検索エンジンは画像がどういったものなのかをある程度は認識出来るようですが、やはり人間が見た画像を説明するレベルまでは達していないというのが現状です。

サイトの作成においては画像やイラストは重要なものですから、その画像に説明を入れてやることがSEO的には必要なものとなります。

画像にはalt属性で説明を入れる

画像を挿入して見た目にも良いページが出来ましたが、その画像は人間が見れば何の画像かは一目瞭然の画像であるものの、ロボットにはその画像が何の画像かははっきりと認識できていないということがありますので、その説明分を追加してやる必要があります。

それがaltというhtmlタグになりまして、画像のソースにalt=”○○”という形で説明文を入れてやることが大事です。

<img src="top-title.png" alt="画像の説明文" />

こうすることでその画像がどんな画像であるかということを検索エンジンにも伝えることが出来るようになります。

alt属性というのは本来は例えば何らかの事情で画像が見えなくなってしまったときにその代わりに説明文を表示させるものですが、もちろんその意味あいもあるものの、やはりSEO的には検索エンジンに伝えることが出来るということにもなります。

音声認識によるブラウザでもその画像をalt属性に記載されている説明文を利用しますので、音声認識ブラウザでも通常のブラウザでも同様に扱っているということがseo的に重要な事となり得ます。

altにキーワードを詰め込み過ぎない事

alt属性は画像の説明文であり、その画像が表示されている以上ユーザーにとっては何が書いてあるかということは分かりません。(厳密には見る方法はありますが)

そのためにSEOのためだけに全く関係のない画像に自分のページの重要なキーワードを詰め込むといったスパム行為が横行していました。

ですからGoogleの検索エンジンとしてはalt属性の説明文をランキングの評価に入れないといった憶測もありますし、悪質な場合にはペナルティを実際に受けたという人もいらっしゃいます。

キーワードは無理にいれる必要はありませんが、alt属性には本当に画像の代替説明文を入れるようにしましょう。

SEOの根本というのは訪問者にとって良いものをであり、全ての訪問者にとって同じように見れることにするのが重要でその意味で、検索エンジンに良い評価を受けることにもなります。

まとめ

alt属性は画像の説明文を入れるものですから、確実に入れるようにしておきましょう。

そしてその説明文に全く意味のない文章やキーワードを入れることはよろしくありません、ただ単に無効化されるだけであれば良いですがペナルティを受けてしまっては元も子もありません。

ただ、箇条書きのマークなどをイメージにする際に、altに”赤い丸”などと入れる必要はありません、それがあっても無くても良いものに関してはalt=””で何も入れる必要はないでしょう。自分がその画像を見たときに頭に思い浮かぶ言葉、変換した言葉がaltに入る言葉です

SEOというのはユーザーにおいても検索エンジンにおいても同様に扱えるようにすることが大事なポイントとなります。

コメントは停止中です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ