究極のSEOとは?SEOを意識しない事が重要

この記事の目安時間: 約6分で読めます。

「SEOって何」

まずはSEOという言葉について説明しておきたいと思います。

SEOとはSearch Engine Optimizationの略でして、日本語で言えば「検索エンジン最適化」というものです。

これだけ聞いても何か分からないかと思いますので、説明すると検索エンジンで上位表示させる事やその技術全般を意味するものとなります。

そしてこのSEOは非常に重要でして、というのも検索エンジン経由で訪れるユーザーというのは情報を欲しているユーザーであるために、そのユーザーは見てくれると次のアクションを起こしてくれやすいという特性があります。

そのために皆こぞってGoogleの検索技術を予測し上位に表示させるために様々な施策を実施し、その上位に表示させるためのビジネスまでも存在するということなんです。

Google検索で1位を取得するとGoogle経由での訪問者が劇的に増加することからそういったビジネスが成り立つというわけですね。

SEOをビジネスとして成り立たせる会社があるということは個人では太刀打ちできないからあきらめてほしいとかそういうことではなくて個人でも出来るSEOというものがあります。

上位表示させるためのSEOとは

かつてGoogleで上位を表示するためにはいかに多くのリンクを集めるかということが重要なポイントでした、そしてそのリンクを集めるための施策をSEO会社に委託して行っていたサイトが上位に表示されていたという時代があります。

現在でも被リンクは重要な指標であるようですが、被リンクというものは数さえ集めれば何でも良いというわけではありません。

上のような人工的に付けられたリンクというのはペナルティとなってしまい、軒並み検索結果から消されたということがあります。

現在でも被リンクは重要な指標ですが(2回目)あくまでも自然に付けられた被リンクを重視されるという風に変わってきています。

(被リンクの重要性は特に変わっているわけではないので、SEOを意識するのであれば被リンク対策を全く行わなくて良いという意味ではありません)

この自然な被リンクを受けるということがどういうことかと言えば・・・

皆に教えたくなるような独自性のあるものや有益な情報を掲載しているコンテンツを作成するということです。

例えばこの情報を他の人にも教えたいとなったら、そのサイトへリンクを貼るということが自然な考え方ですよねっていうことなんです。

つまりこのページは小手先のリンクを集めるといった技術を覚えてもらうものでは無く、SEOを実行するということはSEOの技術を駆使することではなく、訪問者にとっていかに有益なコンテンツを作り続けるかということこそが有効なSEOであるということを伝えたいということです。

SEOを意識しないことが最大のSEOになりうるということでして、これが基本線であるということを覚えておいてください。

ロングテールSEOって何

ビックワードと呼ばれる検索語で上位表示するといったことは非常に難しいと考えるのが普通であると思います、特に個人レベルで行う場合においては。

しかし、一つの言葉では無理でも2つ3つの言葉を組み合わせた検索語による上位表示であれば可能ですし、マニアックな言葉でなくても可能であるということです。

当サイトで言えば「大人」で検索しても全くヒットはしませんが、これが「大人 お金 稼ぐ」で検索すれば1位に表示されています。もちろんまったく被リンク対策などおこなっておりません。

実は検索で情報を欲しているユーザーというのはどちらかといえば複合ワードでの検索が多いんですよね、皆さんも情報を調べる時には複合ワードで検索されませんか?

決して多くのユーザーを取り込めるわけではありませんが、コンテンツ毎にそのような複合ワードで流入させることが出来れば検索エンジン経由での流入を増やすことにもなります。

そのためにはコンテンツを増やしそれ毎のテキストを増やすといったことが必要になってきます。

短いテキストが悪いと言っているわけではありませんが、伝えたい題名に対してあなたが伝えたいことを300文字程度で表すことが果たして出来ますでしょうか。

良質なコンテンツを意識していれば自然にテキスト量が増えるといったことにもなりますから、つまり自然にロングテールでの検索エンジン経由のユーザーが増えるということです。

ロングテールSEOでもやはりSEOを意識しないことが最大のSEOであるということになるわけですね。

まとめ

SEOは意識しないことが重要であり、人工的に被リンクを得ようとすると一時的には上位に表示されたとしてもいつペナルティを受けるか分かりません。

被リンクを得るという手法は個人である以上組織的に行うSEO会社にはかなわないかもしれませんが、良質なコンテンツを発信することは個人も組織も関係ありません。

良いコンテンツには自然と口コミという名の被リンクが集まりますし、最近はSNSがあるのでツイッターなどで紹介される可能性も高いです。

基本的にはSEOを考えないことが最も究極のSEOであり、検索エンジンが目指すところもまさにそれですから、いずれSEOという言葉自体が時代遅れとなりうることでしょう。

コメントは停止中です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ